学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]

 

校長室より    福岡県立武蔵台高等学校 校長 江 﨑  章   

 

【ご挨拶】

 

 武蔵台高等学校のホームページを御覧いただき、誠にありがとうございます。

 

 本校は、昭和5545日に、第一期生 4学級 180名の入学生を迎え、本年で創立38年目を迎えます。

 地域の熱い期待に応えて開校した本校は、進学に、部活動にと輝かしい歴史を刻み、伝統校への着実な歩みを進めて参りました。現在では一万二千名を超える卒業生の方々が、地域のみならず、幅広く全国各地、そして国際社会において活躍されています。

 現在は、校訓

「好学(真理を希求し、若き日を学問に勉め、自らの知的な地平線を広げよう)、

「自主(主体性と積極性を持ち、責任ある行動に努めよう)、

「敬愛」(人権を尊重し、自・他を敬い、信頼と愛情に満ちた良き人間関係を築こう) 

のもと、約1200名の生徒が明るく元気に、学業に励み、部活動や生徒会活動、学校行事等に意欲的に取り組み、自らの夢や目標を実現するためにこつこつと努力を重ねています。

 

 このホームページは、在校生の保護者の皆様方、地域の皆様方、同窓会の皆様方、そして本校に興味・関心をお持ちの中学生やその保護者の皆様方に、本校生徒の姿や教育活動等を知っていただくために作成しております。各コーナーを御覧いただき、本校に対する御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。

(平成29年4月3日)

 

 

【始業式】(式辞概要)

元横浜高校野球部監督(渡辺元智)の座右の銘「富士山に登る第一歩、三笠山に登る第一歩 同じ一歩でも覚悟が違う どこまで登るつもりか 目標がその日その日を支配する」を紹介しました。

高い目標を設定してその実現に向けた一歩を踏み出してほしい。立ち止まっていたら誰にでも平等に与えられている時間に取り残されてしまいます。諦めたら絶対に目標や夢は実現しません。高い目標に達することはきついかもしれないし、うまくいかないこともあるかもしれません。しかし、人は壁にぶつかったり、うまくいかず悩んだりする中で大きく成長するのです。失敗を恐れず、覚悟を持って、それぞれの目標達成に向けて第一歩を踏みだそう。

(平成29年4月6日)

 

【入学式】(式辞概要)

生産年齢人口の減少やグローバル化の進展、絶え間ない技術革新等によって、社会のあり方、職業のあり方が大きく変化していますし、今後もさらに変化することが考えられます。

イギリスのオックスフォード大学でAI(人工知能)の研究を行っているマイケル・オズボーン准教授は、「人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる」と言いました。准教授の「消える職業」「なくなる仕事」という言葉が社会に大きな衝撃を与えました。

このような先の見えない、大きく変化する激動の時代だからこそ、高い志や強い意欲をもつ自立した人間、他者と協働しながら新たな価値を生み出していく人間が求められています。

本校は、創立以来、「凡事徹底」「学校行事の充実」「きめ細かな指導」をモットーとし、基本的知識・技能を確実に身につけさせ、他者と協働しながら新しいものを創造していく力を育成する教育を行ってきております。

新入生の皆さん、安心して、この武蔵台高校で、勉学や部活動、学校行事等に励み、友人と切磋琢磨しながら充実した高校生活を送ってください。

新入生の皆さんの武蔵台高校における「楽ではないけど楽しい」高校生活と、輝かしい未来を祈念しています。

(平成29年4月7日)

 

【400回記念天拝山登山】

 菅原道真公ゆかりの地であり、標高258mの天拝山への登山は創立以来実施している本校の伝統行事の一つです。

 400回登山したということは、エベレストを11.7回を登ったことになります。ネパールの登山家である。「アン・リタ」が10回登頂したのが最多ということです。つまり、武蔵台はそれを超えたということになります。

(平成29年6月8日)

 

【天桜際】

本校の文化祭は、学校創設時より続いていますが、平成25年度から、当時の生徒会執行部の発案により、本校にゆかりの深い天拝山と校章の桜にちなみその名を「天桜祭」と改め、学校文化の継承に努めると同時に、生徒主体の文化祭として新しく生まれ変わりました。今年のテーマは『 Flower ~ 咲かせよう一人一人の笑顔 ~ 』です。

全校企画で作られたモザイクアートは、このテーマに込められました「武蔵台生一人一人の笑顔」や「それぞれの生徒が持つオンリーワンの長所」が、美しい花として描かれています。

武蔵台生の一人ひとりが主役として輝き、本校の学校文化に魅力溢れる新たな1ページが付け加えられることを心より願っています。

(平成29年6月2日)

 

【一学期終業式】

「為せばなる 為さねばならぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」(上杉鷹山

やればできる可能性があります、やらなければできません。可能性はゼロです。できないとはやらないだけなのかもしれません。どんなことでも強い意志をもって努力し続けてほしいと思っています。また、「努力した者が全て報われるとは限らない。しかし、成功した者は皆すべからず努力している」と言われます。2学期の始業式まで35日間の時間があります。勉強に、部活動に、体育祭の準備に、自分研鑽や趣味などに有効に使い、時間を有効に活用し、それぞれの目標に向かって努力し続けて下さい。

(平成29年7月19日)

 

 

【二学期始業式】

君たちは校内では挨拶をする方だと思いますが、さらにすばらしい挨拶をする学校は、県立学校でたくさんあります。校内外を問わず、さらに上のレベルでの挨拶をして欲しいと思います。挨拶大使の平岡氏は、「すてきな挨拶5箇条」として、「大きな声で、はっきりと、相手の顔を見て、心を込めて、笑顔で」といつも言われています。また、これができれば、社会で通用する基礎力が身についているとも言われます。

(平成29年8月24日)

 

 

【体育祭】

今年の体育祭テーマ『夢武台~輝く場所はここにある~』の如く、1188名の武蔵台生一人一人がこの武蔵台の舞台で輝き、その輝きが一つとなって、本日の太陽よりももっと強い輝きを放って欲しいと思います。

それぞれのブロックが、ブロックテーマの元、勝利を目指して、力強く競い合い、励まし合い、それぞれが持てる力を最大限に発揮することによって、心を一つにして欲しいと思います。

 

 ホーム
福岡県立武蔵台高等学校〒818-0053福岡県筑紫野市天拝坂5丁目2-1
Tel:092-925-6441 Fax:092-928-0767