学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]

 

校長室より    福岡県立武蔵台高等学校 校長 江 﨑  章   

 

【ご挨拶】

 

 武蔵台高等学校のホームページを御覧いただき、誠にありがとうございます。

 

 本校は、昭和5545日に、第一期生 4学級 180名の入学生を迎え、本年で創立39年目を迎えます。

 地域の熱い期待に応えて開校した本校は、進学に、部活動にと輝かしい歴史を刻み、伝統校への着実な歩みを進めて参りました。現在では一万二千名を超える卒業生の方々が、地域のみならず、幅広く全国各地、そして国際社会において活躍されています。

 現在は、校訓

「好学(真理を希求し、若き日を学問に勉め、自らの知的な地平線を広げよう)、

「自主(主体性と積極性を持ち、責任ある行動に努めよう)、

「敬愛」(人権を尊重し、自・他を敬い、信頼と愛情に満ちた良き人間関係を築こう) 

のもと、約1200名の生徒が明るく元気に、学業に励み、部活動や生徒会活動、学校行事等に意欲的に取り組み、自らの夢や目標を実現するためにこつこつと努力を重ねています。

 

 このホームページは、在校生の保護者の皆様方、地域の皆様方、同窓会の皆様方、そして本校に興味・関心をお持ちの中学生やその保護者の皆様方に、本校生徒の姿や教育活動等を知っていただくために作成しております。各コーナーを御覧いただき、本校に対する御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。

(平成29年4月3日)

 

 

【一学期始業式】(式辞概要)

「計画なきところに成功なし」です。本校のブランドイメージ「ユネスコスクール」が目指すのは、「世界中の人々が、共に生き続けていける未来をどのように創っていくかを、学校や家庭・地域・国・世界を舞台に、調べたり、考えたり、意見を出し合ったりしながら、行動していける人間になる」ことです。その実現のため、1年間、月間、週、一日の計画を立てて過ごして欲しいと思います。「計画なきところに成功なし」です。

(平成30年4月6日)

【入学式】(式辞概要)

今年は明治維新百五十周年となります。明治維新の原動力となった橋本左内が君たちと同じ十五歳のときに書いた「啓発録」の中に、生き方の五つの指針を記しました。「稚心を去る」「気を振るう」「志を立つ」「学に勉む」「交友を択ぶ」です。幼稚な心を捨て、自分自身の弱さに負けないで、夢や目標を立て、先人の正しい生き方・在り方も学び、お互いを高め合おうとする友人を作ってください。

(平成30年4月7日)


※以下は、平成29年度のものです。

 

【400回記念天拝山登山】

 菅原道真公ゆかりの地であり、標高258mの天拝山への登山は創立以来実施している本校の伝統行事の一つです。

 400回登山したということは、エベレストを11.7回を登ったことになります。ネパールの登山家である。「アン・リタ」が10回登頂したのが最多ということです。つまり、武蔵台はそれを超えたということになります。

(平成29年6月8日)

 

【平成29年度天桜際】

本校の文化祭は、学校創設時より続いていますが、平成25年度から、当時の生徒会執行部の発案により、本校にゆかりの深い天拝山と校章の桜にちなみその名を「天桜祭」と改め、学校文化の継承に努めると同時に、生徒主体の文化祭として新しく生まれ変わりました。今年のテーマは『 Flower ~ 咲かせよう一人一人の笑顔 ~ 』です。

全校企画で作られたモザイクアートは、このテーマに込められました「武蔵台生一人一人の笑顔」や「それぞれの生徒が持つオンリーワンの長所」が、美しい花として描かれています。

武蔵台生の一人ひとりが主役として輝き、本校の学校文化に魅力溢れる新たな1ページが付け加えられることを心より願っています。

(平成29年6月2日)

 

【平成29年度1学期終業式】

「為せばなる 為さねばならぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」(上杉鷹山

やればできる可能性があります、やらなければできません。可能性はゼロです。できないとはやらないだけなのかもしれません。どんなことでも強い意志をもって努力し続けてほしいと思っています。また、「努力した者が全て報われるとは限らない。しかし、成功した者は皆すべからず努力している」と言われます。2学期の始業式まで35日間の時間があります。勉強に、部活動に、体育祭の準備に、自分研鑽や趣味などに有効に使い、時間を有効に活用し、それぞれの目標に向かって努力し続けて下さい。

(平成29年7月19日)

 

 

【平成29年度2学期始業式】

君たちは校内では挨拶をする方だと思いますが、さらにすばらしい挨拶をする学校は、県立学校でたくさんあります。校内外を問わず、さらに上のレベルでの挨拶をして欲しいと思います。挨拶大使の平岡氏は、「すてきな挨拶5箇条」として、「大きな声で、はっきりと、相手の顔を見て、心を込めて、笑顔で」といつも言われています。また、これができれば、社会で通用する基礎力が身についているとも言われます。

(平成29年8月24日)

 

 

【平成29年度 体育祭】

今年の体育祭テーマ『夢武台~輝く場所はここにある~』の如く、1188名の武蔵台生一人一人がこの武蔵台の舞台で輝き、その輝きが一つとなって、本日の太陽よりももっと強い輝きを放って欲しいと思います。

それぞれのブロックが、ブロックテーマの元、勝利を目指して、力強く競い合い、励まし合い、それぞれが持てる力を最大限に発揮することによって、心を一つにして欲しいと思います。

(平成29年9月9日)

 

【平成29年度 キャリアワークショップ】(1年)

様々な職業に従事している方(地域の病院・幼稚園・警察署・消防署・市役所・老人ホーム・税理士事務所・設計事務所・ホテル・生命保険会社・メーカー等)から、職業の実情を直接聞き、仕事の内容や働くことの意義について認識を深めて欲しいと思っています。

 

【平成29年度 キャンパスワークショップ】(2年)

大学(佐賀大学・九州工業大学・福岡大学・西南学院大学・福岡工業大学・中村学園大学・久留米大学・聖マリア学院大学等)を訪問し、その設備や研究内容等に直接触れ、大学を知るとともに自己の進路について深く考えて欲しいと思っています。

(平成29年10月26日)

 

【創立38周年記念式典】

歴史と文化豊かなこの天拝の地で青春を謳歌し、激動の時代に相応しい人間性と国際感覚を兼ね備え、世界で活躍する人財が育つ学校として、武蔵台高校が今後50周年、100周年と、伝統を積み重ねていくことを祈念しています。

(平成29年11月10日)

 

【平成29年度2学期終業式】

「時を守り、場を清め、礼を正す」とは、教育者・哲学者であった 森 信三先生の言葉です。この森先生は「立腰教育」も提唱されました。腰骨を立てるということです。茶道や華道、舞踊、弓道や剣道などは姿勢や態度を厳しく重んじていますが、このことはすべてのことに通じています。勉強も同じなのです。

                 (平成29年12月15日)

 

【平成29年度3学期始業式】

36期生は旅立ち・飛躍の年に、37期生は冬期集団合宿研修を成功に導き、「学年としての団結力」や「最上級生としてのリーダーシップ」を発揮する年に、38期生は中堅の学年として学校を支える大黒柱になる年にしてください。

(平成30年1月9日)

 

【平成29年度 冬期集団合宿研修(修学旅行)】

新潟苗場でのスキー研修、マレーシア・シンガポールでの海外研修ともに共通のテーマは、「心を磨く」です。自分自身のことだけでなく、周りのことを考えて、TPOに合わせた行動が自ら取れるということだと思います。「心を磨いた」37期生の姿があらゆる場面で見られることを楽しみにしています。

(平成30年2月5日)

 

【第36回卒業証書授与式】

「人生百年時代」においては、生涯学び続けることがますます求められています。高校を卒業すれば、勉強が終わったわけではありません。これから本当の学びが始まると思っても過言ではありません。卒業を迎えるにあたり、「少にして学べば即ち壮にして為すことあり、壮にして学べば即ち老いて衰えず、老にして学べば即ち死して朽ちず」という言葉を贈ります。

(平成30年3月1日)

 

 ホーム
福岡県立武蔵台高等学校〒818-0053福岡県筑紫野市天拝坂5丁目2-1
Tel:092-925-6441 Fax:092-928-0767